必須脂肪酸は体内で合成できないため、不足すると乾燥肌に

必須脂肪酸は体内で合成できないため、不足すると乾燥肌に

無理な食事制限、偏食、ファストフードやインスタント食品、こういった食事を続けていると食事が関係して乾燥肌を招くことがあります。

 

健康な肌を保つためにはさまざまな栄養素が必要ですが、その中でも必須脂肪酸のオメガ3が不足しがちです。オメガ3の肌への作用とはどのようなもので、どのような食品に含まれているのでしょうか。

 

細胞は細胞膜に包まれていて、細胞膜を作るために必要なのが脂肪酸です。脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、不飽和脂肪酸はさらにオメガ3、オメガ6、オメガ9に分けることができます。オメガ3とオメガ6は体内で合成することができない必須脂肪酸です。

 

必須脂肪酸は体内で合成できないため、不足すれば体に影響がでます。ターンオーバーには必須脂肪酸が必要で、不足するとターンオーバーが乱れます。肌の水分保持力の80%は細胞間脂質、18%は天然保湿因子、2%を皮脂が担っています。細胞間脂質と天然保湿因子はターンオーバーの過程で生まれるので、必須脂肪酸の不足はターンオーバーを乱して乾燥肌の原因となります。

 

必須脂肪酸にはオメガ3とオメガ6がありますが、オメガ6は過剰に摂取しがちです。オメガ6はコーン油、菜種油、大豆油などに含まれていて日常的に摂取しています。オメガ6とオメガ3の割合は2:1や4:1程度で摂取するのが理想といわれていますが、バランスが崩れています。

 

そのため、オメガ3を意識して摂取することが乾燥肌の改善のポイントになります。オメガ3は魚、亜麻仁油、しそ油などに多く含まれています。欧米型の食事は肉類が多く魚が不足しているため、アメリカではオメガ6とオメガ3の摂取比率が9:1といわれています。

 

伝統的な和食は魚を豊富に摂取するため、オメガ3を摂ることができます。魚の中でもイワシ、サバ、サンマなど青魚に多く含まれています。亜麻仁油やしそ油は熱に弱いので加熱調理には使わず、サラダにかけるなどして熱を加えずに摂取してください。酸化しやすいので保存は冷蔵庫で行います。